夏の詰合せのご案内

ご挨拶

拝啓 初夏の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

皆様に御詰合せのご案内をお届けするようになり20年の月日が流れました。

このご案内を通して、皆様にどれだけの情報を発信できたでしょうか。

思い起こしてみますと、鰹節に関する情報はもとより、中国の餃子事件、ピンク色の鰹が水揚げされた記事、スカイツリーの完成、資源の話(脱プラスチックを含む)、震災・・・・楽しいことも悲しいことも沢山あった20年です。そして今、私達は立ち向かいたくても立ち向かえない、未知のウイルスと共存することになりました。今までの当たり前だった生活が一変し、先の見えない戦いを強いられております。

しかし、次のような嬉しいお話をしてくださった教授がいらっしゃいます。「世界中で猛威を振るっているコロナウィルスですが、実は日本での感染数は他国と比較してみると、少ないのです。何故かわかりますか?それは日本人が、発酵食品を、沢山食しているからなのですよ!」そうおっしゃるのは、東京農業大学の発酵学をご専門とする、私が大好きな小泉武夫教授です。日本には古来から日本酒・味噌・納豆などたくさんの発酵食品があります。そして何を隠そう、鰹節も発酵食品なのでございます。教授曰く、現在、コロナに関する発酵食品の研究データもおとりになっているとか。

皆様がよく耳にする善玉菌。この菌は発酵食品を多くとると増えるのだそうです。善玉菌が増えますと、免疫力がアップするそうです。となりますと、私、朝は味噌汁から始まりまして、夜は日本酒で締めておりますから、私の身体は、善玉菌が沢山だ!と家族に言いましたら、皆、呆れた顔をしておりました。

メディアに踊らされたくはありませんが、いいと言われれば試したくなるもの。そして何より、鰹節は日本食を代表する発酵食品ですから、踊らされてもいいかと思っているのは私だけでしょうか。

 様々な環境下に置かれている方がいらっしゃいますから、軽々しく色々な話をするのは失礼かと思いましたが、弊社の商品が皆様の健康維持のお役に立てるのであれば、これ程嬉しいことはございません。大きな声で笑いあえる日が、1日でも早く戻って来ることを切に願っております。

敬具

株式会社 ホソイ食品

代表取締役 細井哲男